ブロガー仲間が収益を大きく上げた件①

先日、いつものようにTwitterでリストアップしているブロガー仲間の投稿に目を通していたら、とても喜ばしい報告が上がっていました。


この小鳥遊 睦月氏は毎月、運営報告にてPV数と収益額の報告を行っていますが、驚くべき事に、この前月度(つまり8月分)の運営報告では、収益が約3万円(表記上はタバコ77箱分ww)であったと報告している点です。

つまり、収益が一ヶ月で14万円もアップした事になります。

これには私も驚きましたので、早速、「おめでとうRT」をしたところ、以下のようなお返事が。


ご本人は「まぐれ」やら「運」やらと言っていますが、もちろんそれは単なる謙遜で、他人のアクセスアップ術や収益アップ術を安易に盲信したり真似したりせずに、常に独自の視点で研究と試行を繰り返す姿勢が見て取れます。

・スマホでのブログのトップページ離脱率を下げる方法
http://winfriede.com/post-2537/

・記事中のH2タグの上にPCとスマホで別のAdSense広告を貼る
http://winfriede.com/post-2944/

・コストゼロ/3秒の作業でアフィリ収入をアップさせる方
http://winfriede.com/post-3866/


ある意味で、私達ブロガーは難儀で贅沢な人種です。
独自のスタイルで読者を惹きつけ、確固たる地位を築きたいと常に願う反面、他のブロガーがPV数や収益を大きく上げたという報告を聞くと、急に心がグラついて自分の今までのやり方に自信が持てなくなったりもします。

しかし、他人のやり方を真似したら真似したで、今度は自分が今までに積み上げてきた記事と自負心を自ら否定したような気分になり、あの独特の「モヤッとした敗北感」にしばらく悩まされたりもします。

それを解消する「これだ!」という唯一絶対の方法は今のところありませんが、一つの指針として私がお勧めするのは、「数字」と「個性の表現方法」を分けて考える、という事です。

それはどういう事かと言うと、数字、つまりはPV数や収益額といった数値が問題になる部分(検索流入の呼び方や広告の挿入位置など)は大いに他人のやり方を参考にしてノウハウの共有化を図り、それ以外の固有の表現方法、つまりサイト全体のレイアウトや配色、オリジナル画像の挿入や文章表現の工夫などで個性を打ち出していくというわけです。

ブログの書き方1

ブログの書き方2
【広告】

0 件のコメント :

コメントを投稿